Hatena::Groupfilesystem

fs_n314

 | 

2009-05-28

マウントの処理がutil-linuxからnfs-utilsに移動していた

| 15:09 |  マウントの処理がutil-linuxからnfs-utilsに移動していた - fs_n314 を含むブックマーク はてなブックマーク -  マウントの処理がutil-linuxからnfs-utilsに移動していた - fs_n314

5.2. nfs-commonNFS マウントを処理するようになりました

util-linux 2.13 以降において、NFS マウントの処理は util-linux 自体ではなく、nfs-common が処理します。全てのシステムNFS 共有をマウントするわけではないですし、ポートマッパを標準でインストールするのを避けるため、util-linuxnfs-common を提案するだけです。NFS 共有をマウントする必要があるなら、システムnfs-commonインストールされていることを確認してください。mount パッケージインストールスクリプトは、NFS マウント存在するかチェックして、nfs-common に含まれている /usr/sbin/mount.nfs がなかったり、nfs-common が古かったりすると処理を中断します。mount のアップグレード前に、nfs-commonアップグレードするか、NFS マウントを全てアンマウントしてください。

http://www.debian.org/releases/stable/i386/release-notes/ch-information.ja.html#nfs-common
# etch?
# libgssglue-dev => libgssapi-dev

# lenny
apt-get install pkg-config libblkid-dev libwrap0-dev libblkid-dev libevent-dev libnfsidmap-dev librpcsecgss-dev libgssglue-dev libkbr5-dev
apt-get source nfs-common
トラックバック - http://filesystem.g.hatena.ne.jp/n314/20090528
 | 
日記の検索